top of page
検索
  • 執筆者の写真shunsuke masui

rebalance way

リバランスが大切にする価値観とは何か?

それらを「リバランス・ウェイ(行動指針)」として掲げています。


・信頼で結ばれた、自由闊達にして、愉快なるチーム

・正直・誠実・素直・謙虚であれ!

・全員経営者主義

・情熱をもって正々堂々と成果にこだわる

・凡事徹底、自分に約束し、小さな行動を続ける

・あたり前のクオリティを磨き込む

・実験・学習・改善、打率より安打数


私が一人で考えた訳ではなく、社内でミーティングを重ねて、私たちが本当に大事にしたい価値観を、言葉を、紡ぎ出したものです。


一見すると、どこかから借りてきたようなフレーズもあるのですが、、それすらも、私たちの思いを表すのに最適と考え抜いた結果です。


短いフレーズだけでは、その意味するところが見えにくいものもあるので、社内で共有する、それぞれの説明文もお伝えします。



●信頼で結ばれた、自由闊達にして、愉快なるチーム

・チームであることの前提条件はメンバーの「信頼関係」。老若男女、上司部下などに関わらず、相互に信頼・尊敬し合える関係であること。信頼が高まることで、スピードは上がり、コストは下がる。結果的にチームのパフォーマンスが高まる。

・チームには、心理的安全性が担保されている。誰もが臆せず自分の意見を表明できて、自らの意思で、自からのやり方で、チャレンジできる。固定的な組織構造や、形式的なルールには縛られない。

・シンプルに一緒にいて楽しく、気持ちが和み、お互いポジティブな影響を受ける。何時もユーモアを忘れず、しんどい時こそ笑いに変えられる風土がある。


●正直・誠実・素直・謙虚であれ!

・年齢、立場に関わらずメンバー全員に求められる資質であり、信頼関係を築く土台。優秀さや実績に優先されるもの。迷った時には、いつも立ち戻る「軸」となるもの。

・具体的には、発言や行動を偽らず自然体であること。感謝を忘れず、愚痴・陰口を言わない。周囲から学ぶ姿勢があり、相手によって態度を変えない。


●全員経営者主義

・メンバーには「自立」「自律」「自主性」「自責」が求められる。

・メンバー全員が「会社経営」「顧客価値」に責任を持つ。立場・役割に関わらず、時間労働者マインドは存在しない。

・経営に必要な会社情報を開示し、透明性を担保する。情報公開を通じて、メンバーの当事者意識、ロイヤリティを醸成する。


●情熱をもって正々堂々と成果にこだわる

・最大の価値を生む資質、差別化の源泉は「情熱」。情熱の炎が弱まっている時は、休息をとるべき時。

・努力やプロセスは重要だが、最終的な成果(=顧客価値)が最も重要と自覚できている。

・一方、成果を出すためのプロセスはあくまで正々堂々、真っ向勝負。他者に説明できないことをしない。


●凡事徹底 自分に約束し、小さな行動を続ける

・小さなことの積み重ねこそが、大きなことを為し得る。些事を疎かにせず、日々継続することが、最も困難で情熱の必要な行為。

・上司でも顧客でもなく、自からの意思で「自分」に約束して、それを守ることを続ける。それが「主体性」を発揮するということ。


●あたり前のクオリティを磨き込む

・自分にとって、チームにとっての「あたり前」を高める努力を日々怠らない。「あたり前」の徹底レベルで小さな差をつくり、微差の積み重ねにより、中長期では圧倒的な競争優位を生み出す。

・お客様へは、派手で予想外なソリューション提案ではなく、確実で上質な「あたり前」を約束する。


●実験・学習・改善、打率より安打数にこだわる

・まずは打席に立つこと、初動が大事。最初から完璧を求めず、小さく始めて、行動を通じて学び、それを次の行動に活かす。行動量、実験量が成果への近道。経験をより早く、多く積むことが、個人の成長、価値提供の増大につながる。

・効率ではなく効果を意識する。分母を減らすことではなく、分子(成果)の最大化を目指す。


以上



閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゼロリスク

転職の支援をしていると、異常なまでに細部にこだわる方います。内定獲得後、その会社へ入社するか判断するタイミングなら理解できるのですが、そのような方は、応募先を検討する段階から、細部の確認がはじまります。 例えば、独身寮の光熱費負担はいくらか、フレックスタイムの申請方法はメールか、など(実話です)。その質問が、転職理由と密接に関わっているならまだ理解できるのですが、転職理由は「成長できる環境でチャレ

学び直し

最近「リスキリング」や「リカレント教育」といった言葉をよく耳にます。政府が積極的に旗振りしていて、それなりの財政支出もあるようです。転職という文脈で語られることも多く、我々にも関連のあるテーマなのですが、個人的には、どうにも違和感を覚えます。 何がしっくりこないのか、今日は私なりに整理してみたいと思います。 まず「リスキリング ≒ 学び直し」という言葉には、ビジネスパーソンは「以前に学んだことはあ

相手目線

人間は社会的動物であり、それがビジネスでも恋愛でも、対人スキルがとても大切です。この対人スキルの本質とは、相手の立場に立ってモノゴトを見ることができるか、言い換えると「相手目線」があるかどうか、に尽きるという気がします。 転職活動においても相手目線がとても重要です。ただ転職支援の仕事をしていると、相手目線の薄弱な方、さらには自分目線の強すぎる方を、時々お見かけします。 自分目線の強い方の特徴は非常

Comentários


bottom of page