top of page
検索
  • 執筆者の写真shunsuke masui

mission

「適財適所」を実現し、世界をより「ハッピー」な場所にする


これがリバランスのミッションです。


人には皆それぞれ、活躍できる、輝ける場所があって、そんな「所を得る」ことによってこそ、伸び伸びと本当の力が発揮できるし、そんな人たちが増えることで、会社や事業も成長すると思います。


一人でも多くの人が「所を得て」、適財適所が実現されることで、人が、組織が輝いて、世界がより良く、ハッピーな場所になるんだと思います。


リバランスはまだとても小さな存在で、「世界」を掲げるにはあまりに非力ですが、適財適所へのこだわりを通じて、ほんの少しづつ、しかし確実に、「世界ハッピー化計画」を進めてまいります。

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

綱引き

今日は「現在を生きる人(現在さん)」と「未来を生きる人(未来さん)」という2種類の人について、書いてみたいと思います。 現在さんは、今目の前にあるもの、今できることに、とても大きな価値を感じます。たとえその行為や選択が、未来の自分にとってネガティブな影響を招くとしても、今、我慢できない人です。一方、未来さんは、将来得られるものにより大きな価値を感じます。未来のために、今は我慢できる人です。 わかり

試行回数

成果は行動(のみ)に起因します。いくら良いアイディアがあっても、頭の中で考えているだけでは、成果に繋がりません。アイディアを周囲に発信する、自分で試してみるなど、まずは行動することがとても大切です。 一方で、行動しさえすれば成果が出るという訳でもありません。よって正確に言うと「成果は行動した回数(試行回数)に応じてもたらされる」というのが正しいように思います。 世の中には、類い稀な才能や幸運の持ち

ゼロリスク

転職の支援をしていると、異常なまでに細部にこだわる方がいます。内定獲得後、その会社へ入社するか判断するタイミングなら理解できるのですが、そのような方は、応募先を検討する段階から、細部の確認がはじまります。 例えば、独身寮の光熱費負担はいくらか、フレックスタイムの申請方法はメールか、など(実話です)。その質問が、転職理由と密接に関わっているならまだ理解できるのですが、転職理由は「成長できる環境でチャ

Comments


bottom of page