top of page
検索
  • 執筆者の写真shunsuke masui

勝ち馬

21世紀に目覚ましい成長を遂げた企業の調査によると、「成長の理由」のほとんどは「市場の成長(新市場の創造含む)」によるそうです。


企業が成長する方法というのは「市場が成長する」か「(市場規模は一定あるいは縮小する中)市場シェアを獲得する」の2つしかありません。この調査によると「市場の成長」が理由であるケースがなんと9割以上であり「市場シェア獲得」は1割未満であったそうです。


これは、とても興味深い結果だと思います。多くの企業は日夜、既存市場における競合分析、自社の強み・弱み分析など行って、自社の差別化や優位性確保に努力していますが、これらの活動は、実はあまり意味がないのかもしれません。それよりも、自らが属する市場の成長性を見極めて、状況によっては市場を乗り換える、戦い処を成長市場にシフトしていくことが、より重要だと理解できます。


成熟した非成長マーケットでのシェア獲得競争というのは、実は戦略として筋が悪く、例え独自の強みがなくても、成長マーケットに乗った方が、成長できる可能性が高いということを示唆しています。「何をするか」「どう戦うか」よりも「どこにいるか」が非常に重要なのです。


翻って、これは企業の成長戦略だけでなく、私たち個人のキャリア戦略においても同じことが言えないでしょうか?私たちはキャリア議論で「何をするか」「どう戦うか」ばかり話題にしがちですが、「どこにいるか」にもっと注目してもいいように思います。


どんな経験を積んで、スキルを伸ばし、資格をとって・・・ということも重要ですが、それ以上に、成長する業界で、成長する企業で働くことが、個人の成長にも大きく影響を与えるということです。


成熟した業界でポジションを得ている企業は、(一見)経営の安定性こそありますが、組織が硬直的なことも多く、大きな仕事を任されるまで時間がかかりがちです。一方、新しい市場で急成長する企業は、急成長ゆえの混沌もありますが、任される仕事の幅や責任が大きく、その分、個人の成長もはやいという観点です。


人生は、自分の能力や努力以上に、環境やタイミング、あるいは運が影響を与えることも多いです。それらを味方につけるためにも、時には一歩引いて「勝ち馬」を探してみては、いかがでしょうか?

閲覧数:86回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゼロリスク

転職の支援をしていると、異常なまでに細部にこだわる方います。内定獲得後、その会社へ入社するか判断するタイミングなら理解できるのですが、そのような方は、応募先を検討する段階から、細部の確認がはじまります。 例えば、独身寮の光熱費負担はいくらか、フレックスタイムの申請方法はメールか、など(実話です)。その質問が、転職理由と密接に関わっているならまだ理解できるのですが、転職理由は「成長できる環境でチャレ

学び直し

最近「リスキリング」や「リカレント教育」といった言葉をよく耳にます。政府が積極的に旗振りしていて、それなりの財政支出もあるようです。転職という文脈で語られることも多く、我々にも関連のあるテーマなのですが、個人的には、どうにも違和感を覚えます。 何がしっくりこないのか、今日は私なりに整理してみたいと思います。 まず「リスキリング ≒ 学び直し」という言葉には、ビジネスパーソンは「以前に学んだことはあ

相手目線

人間は社会的動物であり、それがビジネスでも恋愛でも、対人スキルがとても大切です。この対人スキルの本質とは、相手の立場に立ってモノゴトを見ることができるか、言い換えると「相手目線」があるかどうか、に尽きるという気がします。 転職活動においても相手目線がとても重要です。ただ転職支援の仕事をしていると、相手目線の薄弱な方、さらには自分目線の強すぎる方を、時々お見かけします。 自分目線の強い方の特徴は非常

Comments


bottom of page