検索
  • shunsuke masui

骨太方針

・この仕事が大好きな「価値観」「志」を同じくするメンバーのみが集う

・メンバーがご機嫌にハッピーに働くことを第一優先する


前回、上記がリバランスの2大「骨太方針」と書きました。


まず、ともに働くメンバーが誰なのか、これは圧倒的に重要です。

リバランスでは「何をするか」以上に「誰とするか」にこだわっています。


これは上から目線でメンバーを選ぶ、ということではありません。

シンプルに、価値観が合わない人間がいると、本人も会社もアンハッピーになると考えるからです。

私たちが事業を通じて提供したい価値「適財適所」を、社内でも実現したいという思いなのです。


そのため、仲間が増える際には慎重にすり合わせを行います。

そのプロセスは時に面倒にも思えますが、中長期的には効率的なのだと思います。


当然ながら、社員や売上の急拡大は望むべくもなく「オーガニックに成長する」という当社の思想にも一役買っています。


「ハッピーに、ご機嫌に」働くとは、いいかげんに働くことではありません。

むしろ、気を入れてお客様と相対し、最高のパフォーマンスを発揮するための前提条件だと思っています。

心身ともに健康であることはもちろん、個々人の生活スタイルや事情に合わせて、可能な限り柔軟に働ける環境を目指しています。


そんな世界を実現するためのポイントは、社員間の「信頼関係」であり、個々人の高い「プロ意識」です。

信頼関係があることで、お互いを監視・管理する必要がなく、高いプロ意識があるから、顧客への価値提供へ全力集中できます。


そして「信頼関係を築ける」「プロ意識が高い」人財に巡り合うためにも、見極めるプロセスやコストを惜しまないという、1つ目の方針にもつながっています。


もしリバランスという会社や、この仕事に興味をもたれる方がいらっしゃったら、業界経験の有無に関わらず、ご連絡いただけると大変嬉しいです。


閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

転職活動の際、面接で必ず訊かれる質問に、転職理由があります。 採用企業にとっては、入社いただくからには、長く在籍して欲しいものです。早期にまた転職とならないために、今回の転職理由が、本当に自社で解決するのかを確認したい、というのがその背景と言われます。 それはそれで正しいのですが、転職理由が重要と考えられる理由は、もう少し深いところにある気がします。というのも、転職理由とは、自分が人生において何が

「採用は打率」という言葉があります。もう大分昔に、当時の上司から聞いた言葉です。 その意味するところは、どんなに秀逸な採用をしても、採用した人材が入社後に活躍するのは3割前後(野球の打率程度)ということです。 イチローレベルでも4割を超えることはなく、並みのバッター(採用担当者)なら、2割強といったところです。念のため補足をすると、残りの7割はすぐにに辞めてしまうということではなく、期待通りに活躍

私の前職(大手エージェント)社員や、人材業界から転職を考える方と接している際に、「もう、この仕事には飽きました」という声を聞くことがあります。私がこの仕事に携わる人たちから聞く言葉で、最も残念な気持ちになるフレーズです。 本来はとても奥の深い仕事(と私は考えています)なのに、ほんの数年、分業した一側面を経験しただけで「飽きた」はないだろう、と。 この仕事が「すぐに飽きてしまう」ほど底が浅いのではな