検索
  • shunsuke masui

働く場所

芸術家のアンディ・ウォーホルによると、成功の秘訣はしかるべき「時」に、しかるべき「場所」にいること、だそうです。


「何」をするかはもちろん重要なのですが、それと同等に(或いはそれ以上に)「いつ」「どこ」にいるかが大事だということです。


この仕事をしていると時々、学歴もすばらしく、とても優秀な方なのに、年収がそれほど高くない方がいらっしゃいます。また正直、仕事自体は凡庸なのに、年収が相場よりも高い方を見かけることも。


その理由のほとんどは、その方が勤めている会社であったり、会社が属している業界に起因します。


実は、年収水準は、その方の能力やパフォーマンス以上に、どこに属しているかに大きな影響を受けます。会社や業界の利益水準≒生産性が高ければ、凡庸であっても高い年収を得られる可能性が高く、反対に生産性の低い業界では、どんなに成果を出しても、年収を上げることが困難なのです。


例えば、外資系金融機関では20代で年収1-2千万円という方が珍しくない一方、外食やウェディング等のサービス産業では、30代でも年収300万円前後ということが普通にあります。


どちらも労働時間は長くなりがちで、ストレスレベルも高そうですが、10倍近い年収差があります。もちろん前者の方がエントリー難度が高いですし、年収だけが成功の尺度ではありませんが、「いつ」「どこ」の重要性を感じる一例ではあります。


私たちは、日々少なくない時間、仕事をして過ごします。


自分は「何をしたいのか?」だけでなく、自分は「どこにいるべきか?」「相応しい場所にいるか?」についても、時々、考えてみたいものです。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

転職エージェントをしていると、業界内では常識なのに多くの求職者が誤解している、ということが時々あります。その一つとして、今日は「資格」の誤解について書きたいと思います。 結論から言うと、実は、転職において資格はあまり役に立ちません(一部を除き)。転職において、企業から評価されるのは「資格」ではなく「実務経験」だからです。 なぜか日本人は資格が大好きで、やたらと資格を取りたがります。資格学校の広告の

少し前に「ブラック企業」「ホワイト企業」という言葉が流行り、騒がれた時期がありました。ブラック企業とは、社員に対し長時間労働や極端なノルマを課し、一方で低賃金、残業代不払い、パワハラなど、コンプライアンス意識が著しく低い企業を指します。 ブラック企業の概念が認知されるにつれ、明らかに社員を使い捨てにする、ザ・ブラック企業は減ってきたように思いますが、その亜種ともいえる「やりがい搾取」企業というもの

最近、20代カップルの約5割がマッチングアプリをきっかけに知り合っている、という話を耳にして、少し驚きました。それでは、同じくマッチング稼業である転職エージェントも、今後はアプリやAIに取って代わられるのでしょうか? 実は私がかつて在籍した大手エージェントでは、過去何度もAI的なマッチング機能開発に大金を投じてきました。新サービスがカットオーバーされる度に、毎度期待を集めるのですが、当時は一度もま