検索
  • shunsuke masui

人生と仕事

更新日:1月19日

私たちにとって「仕事」は、まさに事業のど真ん中のテーマですが、多くの人にとっても仕事は人生の重要な要素だと思います。


心理学者のジークムント・フロイトによると、生きることとは「働くこと」と「愛すること」だそうです。


確かに、人生を左右する2大決断と言えば「仕事」と「結婚」です。

どちらも人生で非常に長い時間を共有する相棒を選択します。


その相棒と価値観が合うか、一緒にいる時間を楽しめるか、で人生が決まってしまうと言っても、大袈裟ではないかもしれません。


難しいことを言っても結局、人生なんて、誰と暮らすか、誰と食事するか、誰と働くかで、おおよそ決まるような気がします。


最愛の人と巡り合い、共に人生を歩めるなら、これ以上の幸福はありませんが、毎日機嫌よく、情熱をもって仕事に向き合えるなら、それもまた人生の宝物だと思います。




閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

転職エージェントをしていると、業界内では常識なのに多くの求職者が誤解している、ということが時々あります。その一つとして、今日は「資格」の誤解について書きたいと思います。 結論から言うと、実は、転職において資格はあまり役に立ちません(一部を除き)。転職において、企業から評価されるのは「資格」ではなく「実務経験」だからです。 なぜか日本人は資格が大好きで、やたらと資格を取りたがります。資格学校の広告の

少し前に「ブラック企業」「ホワイト企業」という言葉が流行り、騒がれた時期がありました。ブラック企業とは、社員に対し長時間労働や極端なノルマを課し、一方で低賃金、残業代不払い、パワハラなど、コンプライアンス意識が著しく低い企業を指します。 ブラック企業の概念が認知されるにつれ、明らかに社員を使い捨てにする、ザ・ブラック企業は減ってきたように思いますが、その亜種ともいえる「やりがい搾取」企業というもの

芸術家のアンディ・ウォーホルによると、成功の秘訣はしかるべき「時」に、しかるべき「場所」にいること、だそうです。 「何」をするかはもちろん重要なのですが、それと同等に(或いはそれ以上に)「いつ」「どこ」にいるかが大事だということです。 この仕事をしていると時々、学歴もすばらしく、とても優秀な方なのに、年収がそれほど高くない方がいらっしゃいます。また正直、仕事自体は凡庸なのに、年収が相場よりも高い方