検索
  • shunsuke masui

第三の働き方

少し前に「ブラック企業」「ホワイト企業」という言葉が流行り、騒がれた時期がありました。ブラック企業とは、社員に対し長時間労働や極端なノルマを課し、一方で低賃金、残業代不払い、パワハラなど、コンプライアンス意識が著しく低い企業を指します。


ブラック企業の概念が認知されるにつれ、明らかに社員を使い捨てにする、ザ・ブラック企業は減ってきたように思いますが、その亜種ともいえる「やりがい搾取」企業というものも存在して、こちらは生き続けている気がします。


「やりがい搾取」企業とは、会社が社員に対して、賃金や残業代のかわりに「やりがい」を報酬として意識させて、本来支払うべき賃金を低く抑えてている企業です。一時話題になったアニメ制作会社や、ブライダル産業、飲食業、保育サービスなどもその範疇かもしれません。幼い頃からの夢の職業であったり、顧客からの「感謝」がやりがいとなり、働いている本人が、その環境に甘んじてしまうため、中々なくなりません。


一方で、やりがいはそれほど感じられないけれど、やればやっただけ稼げるというタイプの企業も存在します。営業成績に応じてインセンティブが跳ね上がる、外資系生保や不動産営業職などですね。長時間労働など、労働環境は前者同様に好ましくないものの、極端な高報酬を求めて、昔から一定数の人々はこのタイプの企業・業界に身を投じます。実は我々が身を置く人材業界も、エグゼクティブ領域では粗利の●●%がそのまま報酬という企業も多く「高報酬」が働く理由になっている人たちも多くいます。


そして、これらタイプの企業・業界は概して、人材の流動性が高い、つまり人の出入りが激しいです(離職率が高い)。「やりがい」であったり「高報酬」であったり、それぞれ一定の魅力があるため人材を集められるのですが、そもそも無理があるため、体調不良や燃え尽き症候群となり、そこに留まり続けられる人は限られるからです。


思うに、世の中の仕事というのは、程度の差こそあれ、以下のいずれかの方向に振れがちです。


①やりがいのある仕事だけど、お金にはならない

②お金は稼げるけれど、仕事にやりがいがない(少ない)


でも世の中には「第三の働き方」とも言うべき「大変だけど仕事にやりがいがあって、一方、経済的にも十分満足な報酬を得ている」という人々もいます。


私自身、そんな働き方を模索して人生を歩んできたし、現在会社を経営する立場になって、自社の社員にもそうあって欲しいと強く思っています。


私の目指す会社は、社員それぞれが自分の持ち味を活かしてお客様に喜んでいただき、経済的にも十分な報酬を得て、且つ仕事が楽しくてしょうがない、という集団であることです。


そんな働き方はムリだ、と思われますか?私は実現可能だと信じています。少なくとも、その方向に向かって進んでいるという実感があります。


まずは、自分自身で「第三の働き方」を選ぶ、と決めることが大切です。

人生は、自分が求めたものしか手に入りませんから。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

転職活動の際、面接で必ず訊かれる質問に、転職理由があります。 採用企業にとっては、入社いただくからには、長く在籍して欲しいものです。早期にまた転職とならないために、今回の転職理由が、本当に自社で解決するのかを確認したい、というのがその背景と言われます。 それはそれで正しいのですが、転職理由が重要と考えられる理由は、もう少し深いところにある気がします。というのも、転職理由とは、自分が人生において何が

「採用は打率」という言葉があります。もう大分昔に、当時の上司から聞いた言葉です。 その意味するところは、どんなに秀逸な採用をしても、採用した人材が入社後に活躍するのは3割前後(野球の打率程度)ということです。 イチローレベルでも4割を超えることはなく、並みのバッター(採用担当者)なら、2割強といったところです。念のため補足をすると、残りの7割はすぐにに辞めてしまうということではなく、期待通りに活躍

私の前職(大手エージェント)社員や、人材業界から転職を考える方と接している際に、「もう、この仕事には飽きました」という声を聞くことがあります。私がこの仕事に携わる人たちから聞く言葉で、最も残念な気持ちになるフレーズです。 本来はとても奥の深い仕事(と私は考えています)なのに、ほんの数年、分業した一側面を経験しただけで「飽きた」はないだろう、と。 この仕事が「すぐに飽きてしまう」ほど底が浅いのではな