top of page
検索
  • 執筆者の写真shunsuke masui

業界の未来

更新日:2022年4月7日

最近、20代カップルの約5割がマッチングアプリをきっかけに知り合っている、という話を耳にして、少し驚きました。それでは、同じくマッチング稼業である転職エージェントも、今後はアプリやAIに取って代わられるのでしょうか?


実は私がかつて在籍した大手エージェントでは、過去何度もAI的なマッチング機能開発に大金を投じてきました。新サービスがカットオーバーされる度に、毎度期待を集めるのですが、当時は一度もまともに使えるものにはなりませんでした。転職先選びや人材採用は、マッチングに影響を与える変数が非常に多く、次に読む本をお勧めするのとは「複雑」度合いが全く異なるからではないかと思います。


一方で最近のAIの進化は目覚ましいものがあります。これまで機械(AI)に置き換えることが難しいとされてきた分野でも、次々に驚くような成果が報告されています。


チェス、将棋はもとより、複雑度が段違いの囲碁においても、AIが世界のトッププレイヤーを破ったのは既に数年前ですし、創造性が必要と言われる文学や音楽の世界でも、AI作家やAI作曲家が芸術作品を生み出しています。


では転職エージェント業界も、近い将来AIに取って代わられ、我々の存在価値はなくなるのでしょうか?私は、少なくとも当分の間は、そのようなことは起こらないと思っています。


野村総研の上級コンサルタント上田恵陶奈氏によれば、今後AIなどによって自動化しやすい職業の特徴として、以下を挙げています。

・創造性(芸術性だけでなく抽象的概念を整理、創出することを含む)が不要

・ソーシャル・インテリジェンス(他者と協調、説得、交渉するスキル)が不要

・臨機応変な対応が不要でマニュアル化しやすい定型的業務


我々の仕事が「芸術的」と言うつもりはありませんが、一定以上のソーシャル・スキルを必要とすることは、間違いないと思います。また扱う対象が、人(ココロ)という、必ずしもロジカルではなく、むしろかなり感情に左右される曖昧なものだけに、非定型で臨機応変な対応は日常茶飯事です。


恐らく求職者がエージェントに求める機能とは、単に自分に合った求人情報ではなく、情報をどう解釈するかという、代理人としての客観的視点なのではないでしょうか。


求職者に異なる観点での気づきを与えたり、会話を通して思考の整理を手伝う「壁打ち」の役割です。また多忙なビジネスパーソンの転職活動は、身体的・精神的にしんどい時期もあるため、背中を押す励ましや、がんばりを賞賛する労いなども、求められていると感じます。


ただ私も、転職エージェントの仕事が全く変化しないとは考えていません。マッキンゼー社のレポートによると、世界に存在する職業の約60%は、少なくとも3割程度のタスクが技術的に自動化可能だそうです。


我々の仕事もAIによって、よりスピーディーに、より精度高く進化できる部分と、簡単には代替できない部分が存在し、そのグラデーションが変化していくのではないか、と予想しています。思えばこれまでも、PCやスマホや、エクセルもZOOMも、新しいテクノロジーは常に取り入れて仕事を進化(改善?)させてきた訳で、その程度が変わっていくのだと思います。


AI時代の到来について、人間の仕事や尊厳が失われる、という言説を見かけることも多いですが、恐らくこれから起こる変化というのは、「AI 対 人間」ではなく「AIを使える人間 対 そうでない人間」という構図の加速という気がします。


私も、最新のテクノロジーはとり入れつつ、求められる価値の本質を見失わないよう、顧客と向き合っていきたいと思います。


閲覧数:91回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゼロリスク

転職の支援をしていると、異常なまでに細部にこだわる方います。内定獲得後、その会社へ入社するか判断するタイミングなら理解できるのですが、そのような方は、応募先を検討する段階から、細部の確認がはじまります。 例えば、独身寮の光熱費負担はいくらか、フレックスタイムの申請方法はメールか、など(実話です)。その質問が、転職理由と密接に関わっているならまだ理解できるのですが、転職理由は「成長できる環境でチャレ

学び直し

最近「リスキリング」や「リカレント教育」といった言葉をよく耳にます。政府が積極的に旗振りしていて、それなりの財政支出もあるようです。転職という文脈で語られることも多く、我々にも関連のあるテーマなのですが、個人的には、どうにも違和感を覚えます。 何がしっくりこないのか、今日は私なりに整理してみたいと思います。 まず「リスキリング ≒ 学び直し」という言葉には、ビジネスパーソンは「以前に学んだことはあ

相手目線

人間は社会的動物であり、それがビジネスでも恋愛でも、対人スキルがとても大切です。この対人スキルの本質とは、相手の立場に立ってモノゴトを見ることができるか、言い換えると「相手目線」があるかどうか、に尽きるという気がします。 転職活動においても相手目線がとても重要です。ただ転職支援の仕事をしていると、相手目線の薄弱な方、さらには自分目線の強すぎる方を、時々お見かけします。 自分目線の強い方の特徴は非常

Comments


bottom of page