検索
  • shunsuke masui

業界の問題(2)

更新日:2月10日

前回から、人材紹介業界の問題というテーマで書いています。


顧客(価値提供対象)が2つありながら、課金は一方のみという非対称性について書いてきました。

今回はその続編です。


課金対象が一方となると、この事業の構造は「商材を仕入れて顧客に販売する」という流通業(小売業・卸業)に似ていることに気づきます。


これを人材紹介業にあてはめると、商品は転職を希望する求職者であり、販売先が求人企業となります。

(あくまで例えとしてお読みください)


流通業が収益を上げるためには、販売量を増やすことはもちろんですが、同時に仕入れた商品の在庫回転率を上げること(仕入れから販売までのリードタイム短縮)も非常に重要です。

つまり求職者と接点を持ってから、いかに早く転職してもらえるかが、収益性を大きく左右するのです。


転職相談には来たものの「なかなか求人に応募しない」「活動を開始しても内定を獲得できない」求職者は、せっかく仕入れたのに販売できない、いわば滞留在庫となります。


そのため、多くの大手人材紹介会社では、初回面談日から求人応募までの日数や、内定獲得までの日数が、業績を管理するKPIになっていたりします。


相談に行くと「まずは応募してみましょう」と、やたら応募を促されるのは、そんな背景も影響しているのです。


そして転職相談の登録から一定期間(3か月程度)を経過すると、サービス終了となるか、「滞留在庫」専任のキャリアアドバイザーへ担当変更となるか(数百名規模で担当しています)、人を介さないシステム中心のサービスへと移行します。


事業者側は生産性を上げるための仕組みと考えますが、転職相談・登録を促す「人を介したサービス」「中長期サポート」等の広告コピーを思うと、複雑な気持ちになります。



当社のような零細エージェントには、そもそも業績管理という観点が(ほぼ)ありません。

(自慢ではないですが)


せっかくご縁があった求職者には「それぞれが最適と思うタイミング」で活動して欲しいですし、「人生がよりハッピーになる」という軸で転職して欲しいと、心から思っています。


転職ありきではない相談、中長期にわたるキャリア相談なども、お待ちしております。


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

転職エージェントをしていると、業界内では常識なのに多くの求職者が誤解している、ということが時々あります。その一つとして、今日は「資格」の誤解について書きたいと思います。 結論から言うと、実は、転職において資格はあまり役に立ちません(一部を除き)。転職において、企業から評価されるのは「資格」ではなく「実務経験」だからです。 なぜか日本人は資格が大好きで、やたらと資格を取りたがります。資格学校の広告の

少し前に「ブラック企業」「ホワイト企業」という言葉が流行り、騒がれた時期がありました。ブラック企業とは、社員に対し長時間労働や極端なノルマを課し、一方で低賃金、残業代不払い、パワハラなど、コンプライアンス意識が著しく低い企業を指します。 ブラック企業の概念が認知されるにつれ、明らかに社員を使い捨てにする、ザ・ブラック企業は減ってきたように思いますが、その亜種ともいえる「やりがい搾取」企業というもの

芸術家のアンディ・ウォーホルによると、成功の秘訣はしかるべき「時」に、しかるべき「場所」にいること、だそうです。 「何」をするかはもちろん重要なのですが、それと同等に(或いはそれ以上に)「いつ」「どこ」にいるかが大事だということです。 この仕事をしていると時々、学歴もすばらしく、とても優秀な方なのに、年収がそれほど高くない方がいらっしゃいます。また正直、仕事自体は凡庸なのに、年収が相場よりも高い方