top of page
検索
  • 執筆者の写真shunsuke masui

未来への贈り物

人生は「選択」でできています。


人は皆、この世に生れて以来「何をする」「どこにいる」という選択を、延々と繰り返して生きているからです。

もし自分は何も能動的には決めていない、という人がいたとしても、実はその人も「自殺しない」という選択をしています。

つまり、人は生きている限り「選択=人生をどう生きるか」という命題から逃れられません。


それぞれの瞬間には違う選択肢もあったはずで、そう考えると、今自分の置かれている環境や持っているものはすべて、自分自身の選択の結果です。

だから「今」は、良くも悪くも、過去の自分からの贈り物なのです。


であるならば、今後の選択次第で、人生は変わります。

そして、そもそも選択をする前にとても大事ことは、自分がどんな人生を望むのか、自分が「求めるもの」を決めることです。


自分が何を求めているかがわかっているから(自分にとって)より良い選択ができます。

言い換えると、選択するための「基準」ができるのです。

自分が何を求めているのか、何を実現したいのか、優先順位がはっきりすると、人生がとっても楽になります。


だから、まずは自分が望むもの、優先順位を決めましょう。

(ここを考えずに転職相談に来る方が、とても多いです!)


そしてその基準に従って選択すること、し続けることが、自分が望む人生を歩む近道になります。


振り返ると、最初の小さな意思決定が、実は人生を大きく変える「分岐点」だったりします。


人生は自分が望んだものしか手に入らない、そうです。

未来の自分に、とびきりの贈り物をしませんか。



閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

綱引き

今日は「現在を生きる人(現在さん)」と「未来を生きる人(未来さん)」という2種類の人について、書いてみたいと思います。 現在さんは、今目の前にあるもの、今できることに、とても大きな価値を感じます。たとえその行為や選択が、未来の自分にとってネガティブな影響を招くとしても、今、我慢できない人です。一方、未来さんは、将来得られるものにより大きな価値を感じます。未来のために、今は我慢できる人です。 わかり

試行回数

成果は行動(のみ)に起因します。いくら良いアイディアがあっても、頭の中で考えているだけでは、成果に繋がりません。アイディアを周囲に発信する、自分で試してみるなど、まずは行動することがとても大切です。 一方で、行動しさえすれば成果が出るという訳でもありません。よって正確に言うと「成果は行動した回数(試行回数)に応じてもたらされる」というのが正しいように思います。 世の中には、類い稀な才能や幸運の持ち

ゼロリスク

転職の支援をしていると、異常なまでに細部にこだわる方がいます。内定獲得後、その会社へ入社するか判断するタイミングなら理解できるのですが、そのような方は、応募先を検討する段階から、細部の確認がはじまります。 例えば、独身寮の光熱費負担はいくらか、フレックスタイムの申請方法はメールか、など(実話です)。その質問が、転職理由と密接に関わっているならまだ理解できるのですが、転職理由は「成長できる環境でチャ

Comments


bottom of page