top of page
検索
  • 執筆者の写真shunsuke masui

変化するために

「システム思考」という課題解決手法があります。


少し乱暴に説明すると、物事には「そう」なっている構造や関係性があって、そこを見にいかないと、本質的には課題解決できないよ、というようなイメージです。そして、そのシステム思考には「現在の結果を出すために、現状は最適化されている」という概念があります。


ビジネスでも人生でも、「いつまでたっても一向に状況が改善しない(変わらない)」ということがありますが、それはある意味当然で、その状況になるように現状が最適化されているからなのです。


つまり現在の状況(アウトプット)を変えるためには、リソース(インプット)の投入先や配分を変える必要がある、ということです。私たちの人生にあてはめれば、時間やお金、体力、やる気といった個々人のリソースの投入先、配分を変えなければ人生は変えられないということです。


人はよく新しいことを始められない理由として、「そんな時間はない」「そんなお金がどこにある」などと言います。これらの言い訳は、実は本質的に正しくて、前述のリソースは全て有限であることを物語っています。つまり今までやってきたことを一切に変えずに、何か新たなチャレンジをすることは無理な相談であり、新しいことを始めるためには「何をするか」の前に「何をやめるか」を決めなければならないということです。


私はそのことに気づいてから、無意識に続けていた、いろんなことをやめてきました。たいして見たくもないTVや動画を見ること、つきあいで呼ばれる飲み会、何も生み出さない定例会議、通勤時間、会社員であること、などなど。


一方で自分にとって大切と考える事柄は、先々まで時間を天引きして必ず実行するようにしています。大切でないことに埋もれて、大切なことができなくならないように。


お陰で、やりがいある仕事や、読書・趣味、家族との食事など、本当に大切と思えることに時間を使えている実感があります。


皆さんは、今の状況や環境を変えたい、変わりたい、と思うことはありますか?変えたいと思うことは第一歩ではありますが、変えるという「決意」だけでは、何も変わりません。具体的に行動を変える、そのためにはまず「やらないこと」を決めて実行することが重要なのです。


それ、あなたにとって本当に大切なことですか?

明日からやめてみませんか?

閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

学び直し

最近「リスキリング」や「リカレント教育」といった言葉をよく耳にます。政府が積極的に旗振りしていて、それなりの財政支出もあるようです。転職という文脈で語られることも多く、我々にも関連のあるテーマなのですが、個人的には、どうにも違和感を覚えます。 何がしっくりこないのか、今日は私なりに整理してみたいと思います。 まず「リスキリング ≒ 学び直し」という言葉には、ビジネスパーソンは「以前に学んだことはあ

相手目線

人間は社会的動物であり、それがビジネスでも恋愛でも、対人スキルがとても大切です。この対人スキルの本質とは、相手の立場に立ってモノゴトを見ることができるか、言い換えると「相手目線」があるかどうか、に尽きるという気がします。 転職活動においても相手目線がとても重要です。ただ転職支援の仕事をしていると、相手目線の薄弱な方、さらには自分目線の強すぎる方を、時々お見かけします。 自分目線の強い方の特徴は非常

勝ち馬

21世紀に目覚ましい成長を遂げた企業の調査によると、「成長の理由」のほとんどは「市場の成長(新市場の創造含む)」によるそうです。 企業が成長する方法というのは「市場が成長する」か「(市場規模は一定あるいは縮小する中)市場シェアを獲得する」の2つしかありません。この調査によると「市場の成長」が理由であるケースがなんと9割以上であり「市場シェア獲得」は1割未満であったそうです。 これは、とても興味深い

bottom of page