検索
  • shunsuke masui

創業の背景

HPにプロフィールを載せていますが、私はもともとはリクルートという大手エージェントの出身です。

独立して、個人事業でコンサルタントをしていた頃も、中小規模の人材紹介会社に深く関わっていました。

長年、人材紹介・転職エージェントという事業、仕事に携わる中で感じていたことがあります。


まず、この仕事はとてもやりがいがあること。


お客様が2者あり(求人企業・求職者)、その双方がハッピーにならなければ、我々もハッピーにはならない「WIN・WIN・WIN」の事業構造。

お客様から直接感謝の気持ちを受け取れる、承認欲求の満たされる仕事。

長く続けることで着実にスキルが向上し、その結果お客様にも益々喜ばれ、成長が実感できるなど。


そして、上記に反して、短期間でこの仕事を辞める人がとても多いこと。


一般的に、この業界は長時間労働が常態化しています。

求職者に対してはサービス業という側面があり、彼らの終業後や休日にコミュニケーションをとる必要があることや、成果主義的な営業会社が多く、売上のために無理を重ねてしまいがちなことが背景だと思います。


また事業規模が大きくなると分業が進み、顧客の顔が見えにくくなります。

本来は繋がっている価値の連鎖が実感できなくなり、仕事がシンプルになっていくことに反して、やりがいは薄れます。


それらが絡み合い、この仕事自体は好きだったはずなのに、やりがいを見失い、あるいは体調を崩して、短期間で離職する人たちも多いのです。


この、ある意味矛盾するテーマに対して、心からこの仕事が好きな人たちが、活き活きと長く働き続けられる環境はないものか、と考えてきました。


そして、それは「自分たちがつくるべき」と思うに至りました。


なので、リバランスにはブレない骨太の方針が2つあります。

1つ目は、この仕事が大好きなメンバー、「価値観」や「志」を同じくするメンバーのみが集っていること。

2つ目は、メンバーがご機嫌にハッピーに働くことを第一優先する、ということです。


これらは、もちろん「リバランス・ウェイ」の前提にもなっていますし、もっと日常的な働き方、人事制度や社内ルールにも反映さています。


次回につづけます。

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

転職エージェントをしていると、業界内では常識なのに多くの求職者が誤解している、ということが時々あります。その一つとして、今日は「資格」の誤解について書きたいと思います。 結論から言うと、実は、転職において資格はあまり役に立ちません(一部を除き)。転職において、企業から評価されるのは「資格」ではなく「実務経験」だからです。 なぜか日本人は資格が大好きで、やたらと資格を取りたがります。資格学校の広告の

少し前に「ブラック企業」「ホワイト企業」という言葉が流行り、騒がれた時期がありました。ブラック企業とは、社員に対し長時間労働や極端なノルマを課し、一方で低賃金、残業代不払い、パワハラなど、コンプライアンス意識が著しく低い企業を指します。 ブラック企業の概念が認知されるにつれ、明らかに社員を使い捨てにする、ザ・ブラック企業は減ってきたように思いますが、その亜種ともいえる「やりがい搾取」企業というもの

芸術家のアンディ・ウォーホルによると、成功の秘訣はしかるべき「時」に、しかるべき「場所」にいること、だそうです。 「何」をするかはもちろん重要なのですが、それと同等に(或いはそれ以上に)「いつ」「どこ」にいるかが大事だということです。 この仕事をしていると時々、学歴もすばらしく、とても優秀な方なのに、年収がそれほど高くない方がいらっしゃいます。また正直、仕事自体は凡庸なのに、年収が相場よりも高い方